中古住宅を購入する際は、「住宅診断」の確認が義務付けられます


2016年5月、中古住宅取引を安全にするために、「宅地建物取引業法の1部を改正する法律案」が国会で成立しました。
今回の改正最大の特徴は、中古住宅売買の際に、住宅診断実施の確認が義務付けられた点です。
この記事では、なぜ今、住宅診断が重要視されているのかを踏まえながら、改正案の内容や目的について詳しく解説します。


スポンサーリンク



■安全な中古住宅取引のための改正

2016-12-11_223212
今回の改正法案の目的は、中古住宅の売買を安全にする事と、それによって中古住宅市場を活性化させる事です。
構造部分の欠陥がわかりづらい中古住宅は、マイホームとして購入するにはリスクの高い商品です。

一方、中古住宅を売る側にとっても、引き渡しの後に発生したトラブルがクレームとなる事もあり、売買には不安が付き物です。
このような売買における不安を解消し、中古住宅の流通を活性化させるために義務付けられたのが、購入前に「住宅診断」を実施するかどうかの確認です。

この確認が行われる事によって、購入者と販売店同士で生じるトラブルを未然に防ぎ、安全な中古住宅取り引きの促進へと繋げる事ができます。

■なぜ、中古住宅の取引を安全にするのか?

2016-12-11_223349
このようなリスクの高い中古住宅取引において、なぜその不安を解消するための法改正が行われたかというと、その目的は、国内の空き家の増加・発生を防ぐ事にあります。

現在、日本国内にある空き家は800万戸以上というデータが、政府の土地統計調査で発表されています。わずか5年以内で63万戸の増加という上昇率を見せており、平成25年には総住宅数の13.5%が空き家という、過去最高の数値になりました。

空き家とは、人が住んでいない住宅の事です。住む人がいなくなり、手入れされなくなった家は劣化が一気に進みます。このような空き家が放置されていると、治安や周辺環境の悪化を招くだけでなく、地震や台風の発生によって倒壊し、避難経路を遮断して人命を奪う恐れがあります。

このような空き家を放置し続けていると、国内の資産全体の価値を下げる事にも繋がるため、中古住宅の空き家化を防ぐ対策が急がれているのです。

■今回の改正案で中古住宅取引は安全になるか

2016-12-11_223436【ホームインスペクション公式HPより引用https://www.jshi.org/what/】

住宅診断はインスペクションとも呼ばれます。
住宅診断は、リフォーム業者や売り手、そして買い手とは異なる、住宅診断士の資格を持った専門家が行います。
第三者的立場である住宅診断士が点検を行う事によって、公平な視点から欠陥や劣化に関するアドバイスを受ける事ができます。

ただし、住宅診断の実施には、別途費用が必要です。
依頼した住宅診断士によって設定額は異なりますが、日本ホームインスペクターズ協会によれば、

・目視による一時診断…5~6万円
・機材を使用する詳細診断…10万円以上

という相場価格が提示されています。

参考:→日本ホームインスペクターズ協会HPより

今回の改正で義務付けられたのは、あくまでも「住宅診断実施の確認」です。そのため、「予算オーバーしてしまうので、高額な住宅診断は避けたい」と購入者が考えれば、住宅診断は行われません。

また、今回の改正では「住宅診断を実施するのは、不動産業者が斡旋した業者」とされています。そのため、住宅診断士の中立性が損なわれ、購入者を不利にするケースも生じるのではないかという指摘も出ています。

■一般層への住宅診断の理解には大きなプラスに

今回の改正において、住宅診断は、購入前の意思確認が義務付けられたのみに留まっています。「高額な住宅診断を避ける人は多く、意思確認だけでは中古住宅取引の安全化にならないのでは?」という声も、もっともな意見です。

しかし、住宅診断は、その存在を知らない人も多く、未だ知名度の低い制度です。そのため、購入前に実施の意思確認が義務付けられた事により、実施の可否に関わらず、その存在はこれまでよりも広く認知されて行きます。

徐々に住宅診断の認知度が広まり、中古住宅購入における不安要素を取り除く事が、ひいては中古住宅流通の活性化に繋がると言えるでしょう。

■まとめ

中古住宅流通の活性化は、国内の空き家発生を抑止するためにも、早急に取り組まなければならない問題です。

しかし、中古住宅を購入してリフォームをしたいと考えても、安全性や衛生面の不安から、同じ予算なら新築でマイホームを建てたいと考えてしまうのは仕方のない事です。
そのような中古住宅に対する不安が、住宅診断制度の普及と購入前の意思確認によって、少しずつ緩和されていく事が、今回の改正の大きな効果になる事が期待されます。


【リフォームをご検討の方へ・・・】

 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。


ココ→https://www.town-life.jp/

【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?


【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^

引越侍はこちら
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから


スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す