リフォームローンの限度額は?【諸費用まで借りられる?】


場合によっては新築並の金額にもなってしまう、高額なリフォームの費用。リフォームローンを利用して、賢く支払いを済ませたいですよね。

リフォームローンの限度額や、融資の対象となる費用など、金融機関を選ぶ前に知っておきたい情報をまとめました。


スポンサーリンク



リフォームローンの種類は様々

2016-07-20_095152
一口にリフォームローンと言っても、融資をしてくれる金融機関や条件は様々です。

□融資元
・民間の金融機関

地元の地方銀行や、メガバンクなどで借りる事ができます。

・ネット銀行

申し込みがネットで済んだり、ネット上で返済ができるというメリットがあります。

・信販会社

メーカーが信販会社と提携しているローンもあります。そのメーカーの商品を使ってリフォームを行う場合、書類を準備する手間が省けるなどのメリットがあります。

□設定額

平均:最低5万円〜最大1,000万円
設定額は、50〜100万円、100〜800万円など、融資元によって様々です。
最大限度額は平均で1,000万円までとなっている所が多いようです。

□返済期間

平均10または15年間
設定額は低い分、住宅ローンに比べると返済期間は短めになっています。

□金利設定

リフォームローンの場合、ほとんどの銀行では「変動金利のみ」となっています。

ただし、バリアフリーや耐震改修など、リフォームの内容が条件を満たしている場合や、過去にその銀行で借入の実績がある場合などに金利引き下げを適用してくれる所もあります。

「フラット35」のリフォーム一体型ローン

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携するフラット35では「リフォーム一体型ローン」があります。

ただし、こちらのリフォームローンは「中古住宅の購入」に付随するリフォーム工事が融資の対象で、リフォーム工事のみの場合は対象となりません。限度額が中古住宅の購入費用と工事費用の合計額内であれば、8,000万円まで借りられます。

「住宅支援機構」のバリアフリーリフォームローン

こちらも改修や模様替えなどのリフォームには利用できないローンです。
満60歳以上の方がバリアフリー、または耐震改修工事を含むリフォームを行う時に利用できる、「高齢者向け返済特例制度」と呼ばれる少し特殊な制度です。

□限度額

10万円〜1,000万円
耐震改修工事の場合は100万円からとなります。

□返済期間

利息…申し込み者本人の死亡時まで毎月返済。
元金…本人の死亡時に一括返済

意外とかかる「諸費用」もローンに組み込める?

2016-07-20_095404
リフォームでは、工事代だけでなく諸費用も発生する事を忘れてはなりません。

□リフォームに発生する諸費用とは

例)
・契約書に貼る印紙税
・リフォーム期間中の仮住まいの宿泊費
・司法書士への報酬
・家具の買い替え
などがあります。

ささいな費用と思っていると、いつの間にか数十万円になってしまいますので、諸費用分も含めた借入が可能なローンをお探しの方も少なくありません。

□リフォームの諸費用も融資対象となる?

いくつかの銀行では、「リフォームに付随する諸費用」をローンに組み込む事が可能と名言されています。
(例:北おおさか信用金庫、佐賀銀行など)

注意点として、諸費用とリフォーム工事費の合計額が、借入限度額を上回ってしまわないように気をつけましょう。これでは結局、諸費用分を自己資金で支払う事になってしまいます。

諸費用をローンに組み込みたい場合は、
・諸費用も借入の対象となるか
・諸費用+工事費が融資の限度額内となっているか
の2点をクリアする融資元を探さなくてはなりません。

まとめ

住宅ローンと違って、返済期間が短く限度額も少ないのがリフォームローンの特徴です。大規模なリフォームの場合、諸費用も含めた場合にあっという間に限度額を越えてしまいます。

自己資金の額や返済可能額など、住宅ローンの借入時よりも綿密な計画性が必要となります。


【リフォームをご検討の方へ・・・】

 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。


ココ→https://www.town-life.jp/

【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?


【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^

引越侍はこちら
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから


スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す