床(フローリング)のリフォーム費用や相場・価格は?


床材の中でも最も人気の高いフローリングに着目し、リフォームによって得られる効果と、その費用・注意点について解説します。


スポンサーリンク



フローリングのリフォーム、意外な効果とその費用とは

2015-05-01_223546
毎日過ごす大事な家は、日々の生活で傷が蓄積していきます。特に床は、家の中で最も肌に触れる回数が多い場所です。

フローリングの床などは、傷や日焼けによる色あせなど、年数とともに傷みは進行して行きます。毎日過ごして見慣れてしまっている分、床をリフォームした時の驚きは格別なものです。

床リフォームの目的

床のリフォームは、新品の床材に交換するためだけでなく、生活の変化によって発生する事があります。

例えば、表面が滑りやすい床では、足腰の悪い方は安心して生活できませんし、車いすを使う方は車いすがひっかかったり、止めにくかったりするような材質では困ります。

手入れが大変な畳の部屋も、フローリングの床などに変えてしまう事で、部屋が広くなりお掃除が楽になるでしょう。あるいは、新たにペットを飼う場合、ペットのひっかき傷対策に特化した床材を使っておくと、傷を心配せずにペットと触れ合う事ができます。

防音性や断熱性の高い床材を導入する事で、暖房機器だけでは解決できなかった寒さや暑さを解消する効果もあります。このように、床のリフォームには、家族の暮らしを快適にする様々な効果があります。

フローリングリフォームにかかる費用

床のリフォームには、工事を行う面積と床材のグレードが材料費を左右します。そこに、今使われている床材を撤去する費用と、新しく床材を貼る作業分の工事費が加わります。

<材料費>(10㎡あたり)約5〜10万円
※フローリング材の場合
※流通量の少ない木材や、天然の木でできた無垢材などは高価になります。

<工事費>(10㎡あたり)約5万円

床下の傷みもチェックしておこう

床材は床を構成する最表面の部分です。表面を剥がして下地部分の傷みが発覚し、修繕が必要となるケースもあります。

もし損傷が激しい場合は、再度床板を貼り直す手間を考えると、その修復工事もあわせて依頼した方がよいでしょう。

<床下修繕費>
(10㎡あたり)約5〜10万円

様々な効果をもつフローリング材

2015-01-26_224647
フローリングとは、木質系の床材の事です。コンクリートや石と違い、木のぬくもりを感じるフローリングの床は、落ち着いた暖かい雰囲気を部屋の中に与えます。

木材は傷つきやすく衝撃に弱い特徴があるため、長年使っているとあちこちに傷がついていきます。生活や人体への影響に配慮したフローリング材で、快適な暮らしを手に入れる事ができます。

健康に配慮したフローリング材

アレルギーの原因となる物質を抑制するフローリング材があります。花粉やダニなど、フローリング上に滞在するハウスダストは、人の往来や掃除機の空気によって部屋中に飛散してしまいます。

フローリング材の表面に施された塗装はハウスダストの働きを抑え、部屋中に蔓延させないようにする効果があります。

Panasonicの床材には、アレルギーの原因となる床面に接したアレル物質を抑制するフローリング材があります。

フローリング材の表面に施された塗装によってハウスダストの働きが抑えられ、部屋中に蔓延させないようにする効果があります。アレルギーにお悩みのご家庭では検討されてみてはいかがでしょうか。

ラインアップ 性能で選ぶ | フローリング | 内装・収納(インテリア) | Panasonic

車いす生活を支えるフローリング材

家の中を車いすで移動する場合は、滑りにくくスムーズに移動できる床でなければなりません。車いすの軌道によって床が傷ついてしまうと、それが僅かな段差となってしまい車いす移動を脅かしてしまいます。

車いすに配慮したフローリング材に変える事で、家族全員が安心して生活を送る事ができます。オークやブナなど、傷つきにくい木材を選ぶ方法もありますが、車いすと愛称の良い床材であるかどうかを確認して選ぶと良いでしょう。

車いす対応品は各メーカーが販売
各メーカーが車いす対応品を販売しています。
ノダ⇒ネクシオハード
永大産業⇒車いす・キャスター対応品
大建工業⇒おもいやりフロア
パナソニック⇒車いす対応フローリング
等など。その他メーカーからも車いす対応品が販売されています。ご参考下さい。

フローリングリフォーム、メリットとデメリット

リフォーム後に手に入る明るく生まれ変わった部屋は、リフォーム前の不安や準備の苦労を吹き飛ばす程の、大きな喜びをもたらします。少しでもリフォームの苦痛を和らげるためにも、フローリングリフォームによって生じる不安を知っておきましょう。

施工中はその部屋に入れなくなる

人が歩くための床板を剥がしてしまいますので、リフォーム工事中は当然その部屋を出入りする事はできなくなります。

その部屋を通らなければトイレや洗面所に行く事ができないなど、工事中に入れなくなっても問題がないか、事前によく確認し、移動手段を考えておきましょう。

家財道具の置き場所を確保しよう

その部屋に置いていた家具などを一時的に移すための部屋が近くにあるか調べ決めておきましょう。廊下など狭い通路に置いておくと、小さい子供がぶつかってしまう恐れがあります。必ず広いスペースで、人の生活を妨げない位置に移動させましょう。

まとめ

床のリフォームは、傷みや経年劣化による交換だけではなく、家族の生活を快適にするという大きな目的があります。

特に人気のフローリング材への交換も、色や家具との調和だけでなく、傷つきにくい素材やハウスダストの原因となる物質を寄せ付けないものなど、その効果にも注目しなくてはなりません。

工事前から工事期間中のスケジュールをしっかり計画し、快適な床を手に入れましょう。


【リフォームをご検討の方へ・・・】

 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。


ココ→https://www.town-life.jp/

【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?


【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^

引越侍はこちら
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから


スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す