在来工法からユニットバスへのリフォーム!サイズや条件は?


現在のお家ではユニットバスが主流となりつつあります。新築のお家に導入を検討している方や、数十年使った浴室をユニットバスにリフォームしたいという方に、まず知っておいて頂きたい、ユニットバスの条件をまとめました。


スポンサーリンク



ユニットバスは箱のイメージ。

15424430724_3d5a23340c_o
浴室には2種類の工法があります。1つは、木材やタイル使って現場で浴室を制作する「在来工法」です。

もう1つが「ユニットバス」を取り付ける工法です。ユニットバスは、全てのパーツがメーカーの工場で作られ、それを現場で組み立てます。箱の形をイメージするとわかりやすいですね。

サイズなどは全て初めから決まっており、在来工法とは違って、現場で大きな調整ができません。

必要な寸法を知っておこう

ユニットバスという大きな箱を、そのままお家の中に収めなければなりませんので、箱のサイズはよく確認しておかなければなりません。

よくユニットバスのカタログや商品名に「1616」のような4桁の数字を見かけます。この数字がユニットバスの寸法を表しています。

例えば、1300×1700(mm)サイズの浴室なら、頭の2桁を取って「1317」のように表します。一般的な浴室のサイズは、この「1317」(約0.75坪)か、「1616」(約1坪)が標準のサイズです。

リフォームでユニットバスにする際は特に注意しよう

2016-05-25_104911【タカラ公式HPより引用http://www.takara-standard.co.jp/】

ユニットバスは初めから全体の大きさが決まっていますので、新築を建てる際は、ユニットバスのサイズに合わせてお風呂の間取りを考える必要があります。

であれば、リフォームの場合は、今までのお風呂の寸法に合うユニットバスを選べば良いように思えますが、必ずしも全てのお家がそれだけで済むとは限りません。

何故かというと、自由度の高い「在来工法」で作られたお風呂だった場合、ユニットバスのサイズや規格に合わないケースもあるからです。

在来工法からユニットバスへのリフォーム

在来工法の浴室だと、ユニットバスにリフォームできないという事ではありませんので、ご安心ください。

現在の浴室に近いサイズのユニットバスを選び、現場で壁や床の高さなどを調節する事によって、リフォームを進める事ができます。

ただし、壁の解体や給排水管の移動、床や天井高さの調節などの追加工事が必要となった場合は、その分の工事代と工期がかかってしまいます。
事前に工事代の見積りをしっかり取って、予算を組んでおきましょう。

絶対に設置できない家もあるの?

現代の建築技術にかかれば、在来工法でも手間と費用をかける事によって、ほぼ問題なくユニットバスの設置が可能です。

ですが、家には絶対に動かせない構造があります。

・柱…家の強度に問題がない事を、建築士がしっかり検査した場合に限り撤去できる柱もあります。
しかし、家の支えとなっているような柱が浴室付近にあり、かつユニットバスのスペースに干渉してしまう場合は、設置は厳しいと考えた方が良いでしょう。
・屋根の傾斜…ユニットバスの高さが屋根に干渉してしまう場合、傾斜よりも低いサイズを選ばなければなりません。
タカラの「ぴったりサイズシステムバス」

2016-05-25_104832【タカラ公式HPより引用http://www.takara-standard.co.jp/】

柱など、構造上の都合でユニットバスが適合しないお家では、タカラのユニットバスが多く導入されています。

タカラの各ユニットバス商品では「ぴったりサイズ」を選べるようになっており、特殊な構造や間取りの浴室リフォームにも対応できるようになっています。

例えば、お風呂の角に動かせない柱があるお家でも、「ぴったりサイズ」を使って柱を避けて壁の形を作る事ができます。

また、既存の間取りに合わせてサイズを調節できますので、家の中に無駄なデッドスペースが生じてしまう心配もありません。

ぴったりサイズに関してはHPをご確認下さい。

必ず、建築士やメーカーとの入念な打ち合わせを。

ある程度の微調整ができるとはいえ、ユニットバスの設置は事前に入念なプランニングが欠かせません。

部材が届いて工事を開始したら、思わぬ構造が後から見つかって工期が遅れてしまった・工事費が高くなってしまった等のトラブルが起きる事もあります。

事前に建築士や施工業者にしっかり検査をしてもらいましょう。

おすすめの見積もりサイト

まとめ

ユニットバスは一体型の構造がそのメリットでもあり、かつ、デメリットともなります。

現在では、古い家屋にありがちな様々な問題に対応した、リフォーム特化型のユニットバスも登場しています。
今後、リフォーム需要の増加に伴い、その種類や機能も追加されて行く事が予想されます。

ユニットバスが設置できるか気になる方は、一度検査と見積りを頼んでみましょう。
今リフォームを行う必要がなくても、安心してプランニングの計画を進める事ができますよ。


【リフォームをご検討の方へ・・・】

 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。


ココ→https://www.town-life.jp/

【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?


【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^

引越侍はこちら
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから


スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す