システムキッチンのリフォーム費用や相場は?【失敗しない為に】


システムキッチンのリフォームは、家事の効率化にも繋がり、家の雰囲気を明るくします。


スポンサーリンク



決め手は本体のグレード!システムキッチンのリフォーム費用

2014-11-30_224619
実際にシステムキッチンへリフォームする事になった場合、その費用はどのくらいが一般的なのでしょうか?商品のグレードや工事費など、様々な費用が必要となるシステムキッチンのリフォームについて解説します。

リフォーム費用は「材料費+工事費」で決まる

リフォーム費用と一口に言っても、その内訳は非常に様々です。システムキッチンのリフォームで最も多くの費用がかかるのはキッチン本体の「材料費」です。そこに「工事費」が加わり、リフォームの全費用となります。

材料費を決めるのはシステムキッチンのグレードとオプション機能ですが、その幅は非常に広く、同じリフォームでも数十万円程度で済む場合もあれば、百万円を超える費用が発生する事もあります。

さらに、工事費はリフォームの内容にも左右されます。既設のキッチンを取り替えるだけであれば低価格に抑えられますが、給排水工事が必要であったり、壁や床にも手を加えたりする場合は、工事費もプラスされて行きます。

システムキッチンの材料費の相場

一般的なサイズの壁付けキッチンであれば、材料費は30万円程度です。サイズが大きく特殊な形状のキッチンとなると、150万円程度にもなります。扉や台の材質選びも価格に影響してきます。

また、食器洗い乾燥機やカウンターなどのオプション機能によって費用が追加されます。追加費用はオプション機能の内容にもよりますが、約30万円程度がプラスされます。

<材料費> 30万〜150万円(+30万円)
システムキッチンの工事費の相場

既設の古いキッチンを撤去し、新しいものと取り替えるだけであれば、工事費は20万円程度に収まります。

キッチンのリフォームでは他にも様々な工事が必要となるケースが多く、同じタイプのキッチンでも工事費が全く違う事もあります。

例えば、壁付けだったキッチンをリフォームして、対面型キッチンに変えた場合、給排水管の移動や床工事が必要となり、工事期間も長くなります。床だけでなく壁の増築や撤去も必要な場合は、100万円程度の工事費が発生します。

<工事費> 20万円〜100万円

リフォーム費用を左右する機器のグレード

システムキッチンはグレードとオプションによってその費用が全く違います。見た目や機能だけでキッチンを選び、出てきた見積もりが予算に全く合わないという事態にならないよう、初めにキッチンのグレードを把握しておきましょう。

システムキッチンの形状は5種類

2014-11-30_225218

最もリーズナブルキッチンは「I型」と呼ばれ、流しとコンロが一列に配置されています。既設のキッチンとの取り替えだけで済むため、リフォーム費用全体が比較的低くなります。

流しとコンロが2つに別れた「L型」や「II型」、全体がコの字の形になった「U型」、壁から独立して設置する「アイランド型」は、形状の特殊さに加えて、給排水やガス工事が発生するため、材料費も工事費もコストがかかってきます。

オプションとなる主な機能

食器洗い乾燥機はキッチン本体の価格には含まれていないため、設置する場合には追加料金が発生します。

設置しない場合は空いた部分を収納として使うこともできますが、食器洗い乾燥機を後付けにすると、別途工事費が発生するので注意が必要です。

あると便利な収納パーツですが、こちらもオプション品となります。

キッチン周りのアレンジパターン

キッチンのリフォームは、キッチン本体の取替だけではないケースもあります。

対面型のキッチンにカウンターをセットで追加したり、壁を撤去または増築する費用も、場合によっては必要です。アレンジの規模にもよりますが、場合によっては工事費込みで100万円程の費用が発生する事もあります。

納得できるまで見積りを依頼しよう

自分自身が納得してリフォームを行うためにも、見積り依頼は何度でもお願いしましょう。

時間に余裕があれば、複数の業者から相見積もりを取る事もおすすめします。キッチンのリフォームは内容によって価格の差が大きいため、一度の見積りだけでは決まらない事がほとんどです。

「こんなはずではなかった」
「こんなはずではなかった」という設置後のトラブルを避けるためにも、数パターンの見積りを出してもらい、最も納得したリフォームプランを見つけましょう。

まとめ

魅力的な機能が満載のシステムキッチンは、機能によって材料費の価格も大きく変わります。せっかくのリフォームだからとあれもこれも追加すると、いつの間にかコストが増えてしまいます。

何を選んで良いのかわからなくなる前に、まずは今の生活での困り事を解消するためには何が必要か、いくつかピックアップしておくといいでしょう。

その上で納得できるまで見積りを頼む事によって、必要な機能を満たすために必ずかかる費用は何なのかが見えてきます。

>>キッチンのリフォームをご希望の方は今すぐこちらから<<

おすすめ関連ページ

LIXILのシステムキッチンの評判や相場は?【価格が魅力】
TOTOのキッチンの評判や価格・相場は?【トイレだけじゃない】
ウッドワンのシステムキッチンリフォーム費用と評判【スイージー】
【リフォーム】クリナップのキッチンの評判や価格・相場は?
【リノベーション】タカラスタンダードのキッチンの評判や価格・相場は?
パナソニックのシステムキッチンにリフォーム!価格や評判は?


【リフォームをご検討の方へ・・・】

 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。


ココ→https://www.town-life.jp/

【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?


【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^

引越侍はこちら
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから


スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す