外壁リフォームは「張替え」と「塗装」どちらが良いのか【ポイント解説】


外側から家を守る外壁は、雨風や日焼けなどによって年数とともに劣化して行きます。必ずメンテナンスが必要となる外壁ですが、最も効率よくお得に済ませるためにはどの方法が良いのでしょうか?

今回は「張替え」と「塗装」の2つの方法のメリットとデメリットについてご紹介します。


スポンサーリンク



●こちらもご参考下さい。
外壁リフォームで重ね張りでリフォームする方法

外壁のメンテナンスは約10年に1度

175e7a450f31043947b1eec8b8bdf10f_s
外壁は家の中でも最も汚れに晒されますので、メンテナンスの頻度も多くなります。

雨水に強いものや日焼けを防ぐ塗料でコーティングが施されていても、コーティング剤の劣化と共に効力も落ちてしまいます。そのため、外壁のメンテナンスは約10年に1度と短く、定期的なリフォームが必要となってきます。

目に見える症状があればメンテナンスを!

10年経っていても、見た目にこだわらなければメンテナンスの必要はないと考える方もいらっしゃいます。しかし、施工時よりも見た目が変わっている箇所は放っておくと更に症状が悪化してしまう事があります。

例えば、サイディング系の外壁材には継ぎ目にシーリングを施しますが、この継ぎ目部分の劣化を放っておくと、雨水が浸水して内部まで傷んでしまいます。

あるいは、塗装の剥がれた部分が初めは小さくても、知らないうちに範囲が広がってしまい、メンテナンスをする事になった時に費用が全体分になるという事も考えられます。

リフォームを決める前でも、専門の業者に点検をしてもらい、状況を教えてもらうと良いでしょう。

外壁リフォームの方法は「張替え」か「塗装」

いよいよ外壁をリフォームすると決めた時、気になるのはその費用です。外壁のリフォームには主に2通りの方法があります。

1つは、新たに外装材を購入して取り付ける「張替え」です。もう1つは、既存の外装材はそのままにしておき、上から「塗装」を施してしまう方法です。

どちらもやり方によって価格が変わってきますので、以下ではそれぞれを詳しく紹介します。

方法➀:「張替え」

張替えにも方法が2通りあります。最もシンプルな方法は、既存の外装材を全て剥がし、新たなものに取り替える工事です。

こちらは既存の外装材の解体費が発生しますので、工事費が少し上がります。もう1つの方法は、今ある外装材はそのままにしておき、その上から新品の外装材を貼り付けてしまうものです。こちらは全てやり変える方法より費用が抑えられます。

●こちらもご参考下さい。
外壁リフォームで重ね張りでリフォームする方法

「張替え」のメリット・デメリット

長期的に見て最も望ましい方法は、既存の古い外装材を撤去して新しいものに張り替える事です。外装材を全て撤去した時に基礎部分の点検もできるため、一石二鳥の効果があります。

その分お値段が上がってしまう事が悩ましい所ですが、何か起きてから外装材を剥がすだけの手間を考えると、無駄ではないでしょう。

また、既存の外装材の上から新しいものを張る方法ですが、費用が抑えられる点で検討する余地はありますが、やはり気になるのは劣化した物がそのまま家の内部に残るという点です。

方法➁:「塗装」

2016-03-28_214423
ご近所のお家が塗装による外壁リフォームをされているのを見た方もいる事でしょう。現在多くの外壁リフォームは表面に塗装を施す方法が主流となっています。

外装材を購入しなくて良いため、「張替え」と比べて費用を抑える事ができます。

「塗装」のメリット・デメリット

足場の設置以外に大掛かりな工事が伴わない点も嬉しいポイントです。デメリットとしては塗料のランクによっては10年よりも短い3年後にメンテナンスが必要となったり、高機能のハイグレードな塗料を選んだ事によって「張替え」以上の費用になったりしてしまう点です。

相性の悪い組み合わせ
塗料の成分によっては既存の外装材と相性の悪い組み合わせもありますので、工事の際によく確認しておく必要があります。

安心できるのは「張替え」、お手軽なのは「塗装」

リフォームの際に内部の点検もできるという点では、既存の外装材を剥がして新たに張り替える方法をおすすめします。

既存の外装材に目立った傷みもなく、塗装のみでも良い事がはっきりしていれば、費用が少なく工期の短い「塗装」を選ぶのも良いでしょう。

まとめ

外壁はメンテナンスの頻度が短く、その重要性も高いものです。

家をまず最初に守る部分ですので、今お使いの外装材が10年以上経過している場合は、点検も兼ねて見積りを取ってみる事をおすすめします。

●こちらもご参考下さい
ケイミューの外壁とは?人気の理由は?【徹底比較】
外壁リフォームで重ね張りでリフォームする方法
ニチハのサイディングが人気の理由は?【評判・性能】
旭トステムの外装板の特徴と評判は?【今話題のサイディング】
失敗しない外装板選び5つのポイント【色やデザインなど教えて】
外壁リフォームの相場や金額はどれくらい?【張替えて新築?】

外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?<<


【リフォームをご検討の方へ・・・】

 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。


ココ→https://www.town-life.jp/

【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?


【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^

引越侍はこちら
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから


スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す