リフォーム業者選びは難しい?安心して依頼するために知っておくこと


リフォームを決断した時、その行く手を阻むのが、最初の業者選びです。
生活に困り事が生じているにも関わらず、業者選びが難航してしまうと、
リフォームへの不安はさらに大きくなってしまいます。

ここでは、なぜリフォーム業者選びが最初の関門となってしまうのか、
その理由と、良い業者を選ぶためのポイントについてご紹介します。


スポンサーリンク



■具体的な金額が記載されていなくて不安

2017-01-17_225631
リフォーム業者選びを既に開始している方の多くは、
業者のホームページやチラシに目を通していることでしょう。

しかし、その中に具体的な金額が記載されていなければ、
予算を調べることができず決断に踏み切れない状態が続いてしまいます。

業者にとって、具体的な金額の提示は非常にリスクを伴います。
リフォーム工事は、リフォームする箇所や工事の規模、
さらに築年数や家族構成など現場の状況次第で内容が異なるため、
同じ工事でも毎回同じ費用にはなりません。

さらに、客の中には、リフォームの事情や費用相場がわからない人もいます。
もし、このような状況で具体的な金額を広告に掲載した時、
客から「この業者では予算内でリフォームが行えない」と判断されてしまい、
見積もりをする前に候補から外される可能性があるのです。

このような理由から、リフォームの広告には、
具体的な金額が提示されることは滅多にありません。

つまり、時間を掛けずにリフォーム費用を調べるためには、
業者へ直接見積もりを依頼することが一番の近道となるのです。

■業者が多くてどこに頼めば良いかわからない

2017-01-17_225733
中古住宅市場の活性化や、マンションのリノベーションブームをきっかけに、
多くの業者がリフォーム事業に乗り出しました。

しかし、新規に参入した業者の場合、下請け業者へ適切な指示が出せなかったり、
知識のない社員が工事を代わりに行ったりすることがあります。

中には、悪質な手口で契約を取ろうとする詐欺業者なども紛れており、
その被害例を耳にした方も少なくはないでしょう。

リフォームを任せても良い業者かどうかは、
専門スタッフの在籍状況で判断することができます。

専門スタッフの探し方として、まず、「建設業許可」を持つ業者であれば、
建築士または3年以上の実務経験を持つスタッフが必ず在籍しています。

あるいは、ホームページを持っている業者であれば、
「会社案内」の項目に「建築施工管理技士」など有資格者の人数が記載されていますので、
目を通しておくと良いでしょう。

リフォーム業を行うに当たり、請負金額500万円以下に留めていれば、
申請を行う必要はありません。

そのため、「建設業許可」の取得は、数ある業者の中で信頼度を比較するために、
大きな判断材料となります。

■似たような広告ばかりで比較できない

2017-01-17_225820
「地域密着だから安心!」
「顧客満足度No.1!」
「充実のアフター保証!」

と言った定番のフレーズも、見方を変えてみると、
業者選びの判断材料として大いに役立てることができます。

「地域密着」

「地域住人に親しまれている」という意味以上に、
「密着することで何ができるのか」が、このフレーズの重要なポイントです。

例)
・地震が多い地域なので、耐震補強にぬかりがない
・沿岸部の施工実績が多いため、塩害対策を熟知している
など

「満足度No.1」

「満足度が何によってもたらされたのか」という、
具体的な解説を探してみましょう。

例)
・インテリアコーディネーターの資格を持つスタッフによる、間取りやコーディネート提案
・トラブル対応が早く、24時間常に連絡できる体制が整っている
など

「充実のアフター保証」

工事の保証には、
(1)メーカー保証
(2)業者が独自に発行する工事保証
(3)リフォームかし保険による保証
の3種類があります。

まず、(1)の「メーカー保証」とは、建材や機器を販売しているメーカーが必ず付けている保証ですので、その業者独自の保証という訳ではありません。

次に、(2)の「業者が独自に発行する工事保証」とは、
工事後にトラブルが発生した場合、保証の範囲内で、
その業者が自ら補修することを定めたものです。

実は、リフォーム工事では、業者がこの保証を付けなくても法に問われることはありません。
つまり、この保証の有無が、その業者の信用度の決め手になると言っても過言ではないでしょう。

さらに、(3)の「リフォームかし保険による保証」とは、
万が一業者が保証を行えない場合に、代わりに保険金によって保証を行ってくれる、
いわば保証に対する保証のような存在です。

また、業者がこの保険に加入するためには、事前に審査が行われますので、
この保証があることによって初めて「保証が充実している」と言うことができます。

■まとめ

業者選びに掛けた時間は、リフォーム後にかけがえのない満足感をもたらしてくれることでしょう。

しかし、家の問題を早急に解決するためには、
業者の良し悪しをすぐに見抜く知識と、
素早く選ぶ決断力も求められます。

業者選びをスムーズにするためにも
・実際の価格は見積もりを取るまでわからないこと
・有資格者や建設業許可の有無から、業者の専門性を分析すること
・定番のフレーズを鵜呑みにせず、他の業者との違いを分析すること
の、3点を抑えておきましょう。


【リフォームをご検討の方へ・・・】

 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。


ココ→https://rehome-navi.com/

【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?


【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^

引越侍はこちら
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?比較検討もせずに決めていませんか?
比較検討することで、金額にもリフォーム内容にも満足いく方法をご紹介します。
⇒詳しくはこちらから
2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す