LIXILの床材の種類や評判・価格は?


住宅のトータルコーディネートが得意なLIXILでは、質の良い住宅用床材も取り扱っています。

価格帯は他メーカーと比べるとミドルクラスよりやや上というイメージのあるLIXILですが、床材のラインナップと、そのお値段はどのくらいなのでしょうか?


スポンサーリンク



LIXILの床材は「化粧床」のみ

2016-07-09_031930【LIXIL公式HPより引用http://www.lixil.co.jp/】

LIXILで取り扱っている床材は、「化粧シート」または「突板系」の2種類です。

・化粧シート→合板などの上に木や石などの柄が印刷されたシートを貼ったもの。
・突板系→天然の木を約0.3mmの薄さにスライスした「単板」を、合板などの上に貼ったもの。

天然の木と一本使った単層の「無垢材」はLIXILでは取り扱われていません。家の床を無垢材にしたいという方は、ウッドワン永大産業を検討してみると良いでしょう。

また、同じ化粧シートや突板系の床材でも、単板の厚さや使われている合板の種類などが違います。次の項目ではLIXILの床材ラインナップの特徴を詳しく見てみましょう。

LIXILの床材ラインナップ

2016-07-09_032142【LIXIL公式HPより引用http://www.lixil.co.jp/】

2016年6月時点で発売されている、LIXILの床材一覧です。
捨て貼りとは、床を支える根太(ねだ)の上に捨て貼り用の合板を置いて、その上にフローリングを敷いていく工法です。
対して根太張りとは、根太の上にそのままフローリングを置く工法です。根太張りは専用の床材を使わなくてはなりません。LIXILでは『ハーモニアス12』のみ根太張り工法対応となっています。

厚さはいずれも12mmとなっています。
価格は梱包価格ではなく、1平米あたりの金額です。

◆化粧シート系
・ラシッサ フロア

フィットフィール仕上げ/環境配慮型合板
価格:8,800円

・ラシッサD フロア

フィットフィール仕上げ/環境配慮型合板
価格:9,400円
※フレンチヘリンボーン調のみ9,100円

・ラシッサ フロアアース

フィットフィール仕上げ/アースボード
価格:7,000円(1.65平米梱包は7,300円)

・ラシッサD フロアアース

フィットフィール仕上げ/アースボード
価格:7,600円(1.65平米梱包は7,900円)

◆突板系
・銘木床

環境配慮型合板
価格:メープル…11,900円、チェリー・ウォールナット…12,500円

・ファインティアハード12

環境配慮型合板
価格:10,700円

<根太張り工法用>
◆化粧シート系

・ハーモニアス12
環境配慮型合板
価格:11,300円

詳しくはLIXILへ

突板系はやや高め、アースシリーズは安価

天然木を仕様している突板系のシリーズは、平米あたりの価格も高めです。
一方、再生材であるアースボードを使っているシリーズは価格が押さえられています。

□環境配慮型合板とは

早生植林木とラワン材を組み合わせた複合合板です。

□アースボードとは

建築廃材を耐水性の高い接着剤で固めた合板です。

また、化粧シート系の中でも価格の高い『ラシッサDフロア』には、人気のヘリンボーン調フロアがあります。こちらは通常のラシッサDフロア商品と比べてさらに高い価格設定がされています。

トレンドカラーを取り入れた『フロアD』シリーズが人気

2016-07-09_032224【LIXIL公式HPより引用http://www.lixil.co.jp/】

白の床を希望される方は『ラシッサDフロア』シリーズのホワイトペイント・イタリアンウォルナット・ホワイトークで悩まれるようです。

いずれも「フットフィール機能」がついており、木の質感を再現した独自の表面仕上げとなっています。

一方、LIXILの床材の傾向として、木の質感が豊かな『銘木床』や『ファインティアハード12』などの単板系の床材よりも、化粧シート床材が積極的に選ばれているという特徴があります。

造りによってはどうしても安っぽくなってしまう化粧シートですが、LIXILの化粧シート床材は高い水準で作られているという証なのかもしれません。

単板系にかかるコストを考えても、平米あたり2,000〜3,000円安い化粧シート床材が選ばれているのかもしれません。

まとめ

意匠豊かなLIXILの床材は、他の木材を取り扱う床材メーカーにも引けを取りません。

人気のヘリンボーン柄や、憧れの白い床を叶えるカラーバリエーションなど、豊富な商品ラインナップも魅力です。お気に入りの床材が見つかったら、既にある家具や内装とのバランスを考えて取り入れると良いでしょう。

●こちらもご参考下さい。
LIXILの建具「ファミリーライン」と「ウッディライン」の特徴や評判は?


【リフォームをご検討の方へ・・・】

 会社によって提案力も千差万別・・・

リフォーム会社は手案力も千差万別です・・・
  それならまずは無料で色々な会社からプランの提案や見積書を貰って比較するところから始めてみると検討の幅も広がって面白いと思います。


ココ→https://rehome-navi.com/

【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。


外壁塗装をご検討中の方へ・・・

外壁塗装は値段で決めてしまうと、
後悔してしまうケースがあります

安い塗料で塗装してしまい外壁がすぐに汚れたりなど等・・・
結果的に、再度塗装するはめになって大失敗!!

でも実は、良い塗料を使って、値段を安くする方法があります。
実際に100万円近く金額が下がったという方もいらっしゃいます。

>>100万円お得に外壁塗装する方法とは?


【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^

引越侍はこちら
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?比較検討もせずに決めていませんか?
比較検討することで、金額にもリフォーム内容にも満足いく方法をご紹介します。
⇒詳しくはこちらから
2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す